◆新着記事一覧◆
【初値成立|IPO新規上場】浜木綿(7682)【2,950円:+830円:+39.15%】高値:3,400円、安値:2,…
【初値成立|IPO新規上場】ワシントンホテル(4691)【1,462円:+152円:+11.60%】高値:1,705円…
【抽選結果|IPO新規上場】BASE(4477)・・・公開価格は、1,300円(仮条件上限)に決定っ!! 
【気配運用|浜木綿(7682)】営業利益率・PER・成長率から初値とセカンダリを予想
【気配運用|ワシントンホテル(4691)】営業利益率・PER・成長率から初値とセカンダリを予想
【抽選結果|IPO新規上場】セルソース(4880)) ・・・公開価格は、2,280円(仮条件上限)に決定っ…
【抽選結果|IPO新規上場】インティメート・マージャー(7072) ・・・公開価格は、1,900円(仮条…
【公募割れ確率|IPO新規上場】BASE(4477) OR:48.5%、吸収金額:45.5% 需給では高確率で公…
【引受株数|IPO新規上場】ダブルエー(7683) みずほ証券 82.80万株 約92%占有 
【仮条件|IPO新規上場】ダブルエー(7683)【上限:4,690円:+0円:+0.0%】通常設定 上ブレせず…
【引受株数|IPO新規上場】恵和(4251) 大和証券 188.40万株 約95%占有 
【仮条件|IPO新規上場】ジェイック(7073)【上限:4,750円:+140円:+3.03%】ちょっぴり強気設…
【仮条件|IPO新規上場】恵和(4251)【上限:770円:+0円:+0.0%】通常設定 上ブレせずっ!! 
【初値成立|IPO新規上場】アンビスホールディングス(7071)【4,260円:+1,460円:+52.14%】高…
【抽選結果|IPO新規上場】ワシントンホテル(4691) ・・・公開価格は、1,310円(仮条件上限)に…
【抽選結果|IPO新規上場】浜木綿(7682) ・・・公開価格は、2,120円(仮条件上限)に決定っ!! 
【仮条件|IPO新規上場】BASE(4477)【上限:1,300円:▲330円:▲20.24%】超弱気設定 下ブレっ…
【立会外分売結果】トーホー (8142)【終値:1,668円:+71円:+4.44%】楽天・SBI・松井・マネッ…
【初値成立|IPO新規上場】HENNGE(4475)【2,001円:+601円:+42.92%】高値:2,079円、安値:1,…
【初値成立|IPO新規上場】AI CROSS(4476)【1,800円:+710円:+65.13%】高値:2,200円S高、安…
Top⇒野村證券ルール >【野村證券抽選ルール】とIPO(新規公開株)統計資料2001〜2014
2015年01月09日

【野村證券抽選ルール】とIPO(新規公開株)統計資料2001〜2014



※2001年〜2014年 の 引受株数、構成比、順位、IPO勝敗(主幹事銘柄)、勝率は、次のとおり。
2014ipo-nomura.png

※2014年の野村證券のIPO(新規公開株)の取扱実績は次のとおり。
◆引受数合計 ⇒ 186,299,400株 ◆占有率(野村引受数/全引受数) ⇒ 39.57% ◆占有率順位 ⇒ 1位
◆IPO勝敗(主幹事銘柄の初値≧公募価格) ⇒ 22勝4敗 勝率 0.846
◆IPO参加率(IPO取扱銘柄数/全IPO銘柄数) ⇒ 49社/77社 参加率 0.636
◆2001年〜2014年までの通算成績 ⇒ 291勝67敗 勝率 0.813

野村證券は、IPO(新規公開株)の引受株数で昨年に続き、1億株を突破。
公開株数が多かったジャパンディスプレイ(6740)、すかいらーく(3197)、リクルートHD(6098)といった銘柄の主幹事を勝ち取った結果か。ただし、市場占有率は、10%近く低下して、39%超に。

主幹事銘柄は、22勝4敗。2013年は、負け無しだったが、2014年は4敗を喫する。
●ジャパンディスプレイ(6740) -131円:-14.6%
●トレックスセミコンダクター(6616) -520円:-10.4%
●テクノプロHD(6028) -98円:-5.0%
●メタウォーター(9551) -144円:-6.0%

特にジャパンディスプレイ(6740)の負けは、壮絶であり今後長く語り継がれるIPOとなったか。

占有率は、過去14年間で、1位が9回。2位が3回。3位が2回。3位から下位になったことは無し。
ただし、個人的な感想としては占有率が高い割には当選が出にくい印象があるか。
かのジャパンディスプレイでさえ、2人がかりで野村HTと野村NCで計4回抽選に応募するも補欠のみ。
大怪我をしなくてラッキーではあったが人気銘柄の競争率は、かなり高いか。


いずれにせよ、IPO(新規公開株)の当選を狙うにあたっては、どうしても外すことの出来ない証券会社か。


IPO(新規公開株)の主な抽選ルール(販売基本方針)は、次のとおり。

◎抽選の実施
・野村ホームトレードの「新規公開株式の抽選参加」サービス
抽選参加時の買付代金拘束は無いか。抽選時にも買付代金確認は無い模様。
当選後の購入申込手続き時に、取引口座における買付代金相当額(買付代金相当額以上お預り金、野村MRF)があることが確認され、購入手続き完了直後から買付代金が拘束されるか。

・野村ネット&コールの「IPOのお取引」サービス
それぞれのサービスの参加者を対象として別個に実施。
抽選日までに買付代金相当額以上の入金が必要。
抽選日時点(19:00頃)で購入申込最終日の買付限度額に購入代金相当額以上が必要。なお、抽選日より起算して購入申込最終日が5営業日以降の場合、5営業日目の買付限度額が抽選対象判定基準額となる。

◎抽選に付する数量
野村ホームトレード と 野村ネット&コール を合わせて、販売数量(オーバーアロットメント分を除く)のうち、
個人への販売を予定している数量の10%以上。

⇒ 総引受株数−法人(機関投資家含む?)販売数=個人への販売数
⇒ 個人への販売は、店頭経由が90%、ネット経由が10% が基本か。

◎抽選方法
⇒ 野村ネット&コールおよび野村ホームトレードの抽選申込み参加者を対象として、名寄せのうえ抽選参加サービスごとに厳正に機械的処理。

名寄せにより、野村ネット&コールと野村ホームトレードの両方にて申込みがある場合は申込時間の早いほうの申込みを有効として抽選を実施。(2014/7/22変更)
⇒これにより、野村ホームトレードと野村ネット&コールでの重複申込みが不可能に。

※当選後の購入数量に独自ルールが存在。
原則として目論見書記載の最低申込株数を購入する必要あり。ただし、野村ホームトレードでは、最低申込株数の取得代金見込額(目論見書記載の想定発行(売出)価格が基準。)が10万円未満となる場合は、取得代金見込額が10万円以上となる最小の申込株数となる。
⇒ ブックビルディング時に、10万円以上になる申し込み株数が表示される。


また、抽選方式によらない販売も実施。
個人への配分予定数量の90%程度が営業店経由で配分されるか。

・抽選方式によらない販売は、野村ホームトレード、野村ネット&コールでは、受け付けていない。
⇒ 店頭経由のみで受け付け。

・抽選への参加の有無、当せんによる購入、当せん後の購入の辞退および落せん等の結果にかかわらず、抽選方式によらない販売についてもお申し込み可能。
⇒ ネット経由申込みと店頭経由申し込み が重複可能。

・購入希望や購入申し込み等の内容、当社との取引状況お預りの状況、金融商品投資についての知識・経験、資力、投資目的等を確認するとともに、公募株等の購入に係るリスクへの認識度、当該銘柄に対する評価の適切性を考慮し、公正な販売に努めるとのこと。 
よって申し込んでも必ず購入できるわけではない。

・抽選方式によらない新規公開株式の販売は、個人一人当たりの平均販売株数が、抽選における一人当たり販売株数に対し、多くとも10倍程度を超えることのないように実施。
⇒ネットで100株と仮定すると、店頭では最高1,000株程度か。


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。



役にたったと感じたら一押しお願いします!!

当選したラッキーさんはにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へコチラで確認できます!
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by Lucky cat at 09:59





| Comment(0) | TrackBack(0) | ⇒野村證券ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック