◆新着記事一覧◆
【初値成立|IPO新規上場】浜木綿(7682)【2,950円:+830円:+39.15%】高値:3,400円、安値:2,…
【初値成立|IPO新規上場】ワシントンホテル(4691)【1,462円:+152円:+11.60%】高値:1,705円…
【抽選結果|IPO新規上場】BASE(4477)・・・公開価格は、1,300円(仮条件上限)に決定っ!! 
【気配運用|浜木綿(7682)】営業利益率・PER・成長率から初値とセカンダリを予想
【気配運用|ワシントンホテル(4691)】営業利益率・PER・成長率から初値とセカンダリを予想
【抽選結果|IPO新規上場】セルソース(4880)) ・・・公開価格は、2,280円(仮条件上限)に決定っ…
【抽選結果|IPO新規上場】インティメート・マージャー(7072) ・・・公開価格は、1,900円(仮条…
【公募割れ確率|IPO新規上場】BASE(4477) OR:48.5%、吸収金額:45.5% 需給では高確率で公…
【引受株数|IPO新規上場】ダブルエー(7683) みずほ証券 82.80万株 約92%占有 
【仮条件|IPO新規上場】ダブルエー(7683)【上限:4,690円:+0円:+0.0%】通常設定 上ブレせず…
【引受株数|IPO新規上場】恵和(4251) 大和証券 188.40万株 約95%占有 
【仮条件|IPO新規上場】ジェイック(7073)【上限:4,750円:+140円:+3.03%】ちょっぴり強気設…
【仮条件|IPO新規上場】恵和(4251)【上限:770円:+0円:+0.0%】通常設定 上ブレせずっ!! 
【初値成立|IPO新規上場】アンビスホールディングス(7071)【4,260円:+1,460円:+52.14%】高…
【抽選結果|IPO新規上場】ワシントンホテル(4691) ・・・公開価格は、1,310円(仮条件上限)に…
【抽選結果|IPO新規上場】浜木綿(7682) ・・・公開価格は、2,120円(仮条件上限)に決定っ!! 
【仮条件|IPO新規上場】BASE(4477)【上限:1,300円:▲330円:▲20.24%】超弱気設定 下ブレっ…
【立会外分売結果】トーホー (8142)【終値:1,668円:+71円:+4.44%】楽天・SBI・松井・マネッ…
【初値成立|IPO新規上場】HENNGE(4475)【2,001円:+601円:+42.92%】高値:2,079円、安値:1,…
【初値成立|IPO新規上場】AI CROSS(4476)【1,800円:+710円:+65.13%】高値:2,200円S高、安…
Top◆2015年 IPO(新規公開株) >シリコンスタジオ(3907) 詳細(需給・VC・財務)追加!!【目論見書の個人的な感想】 IPO(新規株式公開)
2015年01月31日

シリコンスタジオ(3907) 詳細(需給・VC・財務)追加!!【目論見書の個人的な感想】 IPO(新規株式公開)



シリコンスタジオ(3907):マザーズ:情報通信:主幹事(みずほ証券)

※ゲーム開発の推進・支援事業、自社コンテンツ(スマートフォンネイティブアプリ等)の提供、人材紹介・派遣事業等
上場日 BB期間 公開株数 吸収金額(OA含) OR 仮条件 想定価格 公開価格 騰落率
2/23 2/4-2/10 632,500株 約30.99億円 26.86% 4,200円〜4,900円 4,900円 4,900円 --%

公募株数 270,000株 3907siliconst-zentai.png
公募株引受証券 みずほ証券
三菱UFJMS証券
SMBC日興証券
SBI証券
いちよし証券
エイチ・エス証券
SMBCフレンド証券
エース証券
香川証券
売出株数 280,000株
売出株引受証券 みずほ証券
オーバーアロットメント 82,500株
OA引受証券 みずほ証券

ベンチャーキャピタル(VC)の状況

VC関連の存在数 1
合計所有割合 6.56%
(計154,500株) 
今回の売出における放出株数 0株
VC保有の残株数 154,000株

ロックアップの状況

※売却
期間 90日間
平成27年5月23日まで
解除条件 売出価格の1.5倍
想定解除株価 7,350円
対象者 売出人かつ貸株人である今井理人及び売出人である関本晃靖、寺田健彦、永谷真澄、倉垣二美子、星野勇気、大谷裕之、Magne Colin並びに当社株主である三菱UFJキャピタル株式会社、株式会社エクサ、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント、株式会社クリーク・アンド・リバー社、株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス、ギャガ株式会社、株式会社フォトロン、ヤマハ株式会社、株式会社レイ

なお、ロックアップ対象株式は、上記株主の所有する当社株式のうち1,128,100株との記載あり。
上記株主所有合計株数 ⇒ 1,618,100株 うち、売出放出株数 ⇒ 227,500株。差引残存株数 ⇒ 1,390,600株。
1,390,600株−1,128,100株=262,500株。 約26万株がロックアップの対象外の見込み。

※第1回訂正分において追加。
期間 180日間
平成27年8月21日まで
解除条件 無し
想定解除株価 -
対象者 従業員持株会及び資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)

※発行等
期間 90日間
平成27年5月23日まで

親引け

従業員持株会及び資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)に、上限40,000株

需給状況

オファリングレシオ(OA含む)は、26.86%。
適正とされる 20%±5% の範囲を若干上回る。需給は標準的か。

マザーズ:情報通信において、2001年以降 ORが24%〜30%だったのは、20社。17勝3敗 勝率:0.850。

人気のあるゲーム・アプリ関連銘柄なので、63万株の公開株数では需給が逼迫するか。
ただし、想定価格が5,000円に近い高額設定なので、3倍を超える高騰は見込めないか。

また、1つあるVCは、ロックアップの対象。初値形成直後の急激な売り崩しの可能性は低いか。

配当

未定。 ただし、15期に1株あたり10円の実績あり。

株主優待

記載無し

業績実績

3907-siliconstudio-uriage.png


事業年度 売上高 前年比(%) 経常利益 前年比(%) 純利益 前年比(%) 純利益(EPS) 予想PER
平成25年11月期 72億6,400万円 5億6,500万円 3億9,500万円 170.31円 28.77
平成26年11月期 80億5,600万円 +10.9 8億3,200万円 +47.3 5億700万円 +28.3 255.82円 19.15

財務指標

※16期については、平成26年11月までの数字
財務指標 14期 15期 16期
ROA 14.06% 10.61% 12.19%
ROE 38.11% 37.54% 32.19%
売上高利益率 5.70% 5.45% 6.30%
粗利 30.14% 23.55% 27.47%
当座比率 135.44% 121.08% 149.70%
自己資本比率 36.89% 28.26% 37.87%
有利子負債月商比率 1.30 1.85 2.00
安全余裕率 32.23% 32.51% 38.01%

債務状況

※平成26年11月期
債務内容 金額
社債残高 5億3,800万円
短期借入金 3億7,000万円
長期借入金 4億3,400万円
リース債務 無し
債務残高合計 13億4,200万円

現金及び預金は、15億4,100万円を保有。
売掛金を含めた流動資産は、32億6,900万円。

債務的には、問題ないか。

販管費・売上原価

販売管理費 15期 16期 前期比(%)
11億5,400万円 13億7,100万円 18.8

給与及び手当が、7,300万円増、役員報酬が、1,700万円増 によるか。

売上原価 15期 16期 前期比(%)
-万円 -万円 -

売上原価は、記載なし。

会社概要

ゲーム業界、メディア業界といったエンターテインメント業界におけるデジタルコンテンツの開発等に関する事業を展開。

☆開発推進・支援事業:家庭用ゲーム機・スマートフォン・組込機器向けのミドルウェアの開発・販売、コンソールゲーム及びオンラインゲーム(ソーシャルゲーム、スマートフォンネイティブアプリ等)等の受託開発、サーバーネットワークの構築・運用・監視等のソリューションサービスを提供。

☆コンテンツ事業:自社オリジナルタイトルのソーシャルゲーム、スマートフォンネイティブアプリの開発・提供。

☆人材事業:CG、ゲーム制作、映像制作、WEB制作の各業界におけるデザイナーやクリエイター等の技術者をクライアント企業に対して、有料で紹介する人材紹介サービス、及び登録派遣社員を派遣する人材派遣サービスを提供。

3907silicon-1.png

※平成26年11月期(第16期)
事業内容 売上高 構成比(%) セグメント利益
開発推進・支援事業 36億3,800万円 45.2 11億4,400万円
コンテンツ事業 36億8,000万円 45.7 6億100万円
人材事業 7億3,700万円 9.2 2億5,200万円


3907silicon-2.png

本社所在地 東京都渋谷区恵比寿一丁目21番3号
従業員数 213人
臨時従業員数:-人
連結子会社:2社、非連結子会社:1社、関連会社:2社
連結会社従業員数:278人
連結会社臨時従業員数:-人
平均年間給与 647万円

主な課題とリスク

核になるコンテンツタイトルが2つのみであり、売上高の約30%を占め、(株)ディー・エヌ・エーのモバゲーでの販売に依存。

今後は、研究開発体制の強化を推進し、共通描画フレームワークの開発及びそれを用いたミドルウェア製品の強化を図るとともに、スマートフォンネイティブアプリの開発に注力することによって、収益力のある新規タイトルの継続的な提供を行う必要があるか。

主な取引先

・株式会社ディー・エヌ・エー(コンテンツ事業)
・任天堂株式会社(開発推進・支援事業)
・ngmoco, LLC.(コンテンツ事業)
・Apple Inc.
・ヤマハ株式会社
・株式会社インターネットイニシアティブ
・レバレジーズ株式会社

新規公開で得た資金の使途

開発推進・支援事業の
収益拡大のためのミドルウェアの開発
3億3,400万円
(平成27年11月期:1億4,400万円)
(平成28年11月期:1億9,000万円)
新規コンテンツの開発費用 6億円
(平成27年11月期:3億円)
(平成28年11月期:3億円)
広告宣伝費 2億円
(平成27年11月期:1億円)
(平成28年11月期:1億円)
オフィス増床に伴う
建物内装、造作、敷金等の取得
1億円
(平成27年11月期:4,000万円)
(平成28年11月期:6,000万円)
業務用パソコン、サーバー、ソフトウエア等の取得 1億2,600万円
(平成27年11月期:5,400万円)
(平成28年11月期:7,200万円)





投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。


更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

当選したラッキーさんはにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へコチラで確認できます!
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

posted by Lucky cat at 11:26





| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆2015年 IPO(新規公開株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック