◆新着記事一覧◆
【初値成立|IPO新規上場】浜木綿(7682)【2,950円:+830円:+39.15%】高値:3,400円、安値:2,…
【初値成立|IPO新規上場】ワシントンホテル(4691)【1,462円:+152円:+11.60%】高値:1,705円…
【抽選結果|IPO新規上場】BASE(4477)・・・公開価格は、1,300円(仮条件上限)に決定っ!! 
【気配運用|浜木綿(7682)】営業利益率・PER・成長率から初値とセカンダリを予想
【気配運用|ワシントンホテル(4691)】営業利益率・PER・成長率から初値とセカンダリを予想
【抽選結果|IPO新規上場】セルソース(4880)) ・・・公開価格は、2,280円(仮条件上限)に決定っ…
【抽選結果|IPO新規上場】インティメート・マージャー(7072) ・・・公開価格は、1,900円(仮条…
【公募割れ確率|IPO新規上場】BASE(4477) OR:48.5%、吸収金額:45.5% 需給では高確率で公…
【引受株数|IPO新規上場】ダブルエー(7683) みずほ証券 82.80万株 約92%占有 
【仮条件|IPO新規上場】ダブルエー(7683)【上限:4,690円:+0円:+0.0%】通常設定 上ブレせず…
【引受株数|IPO新規上場】恵和(4251) 大和証券 188.40万株 約95%占有 
【仮条件|IPO新規上場】ジェイック(7073)【上限:4,750円:+140円:+3.03%】ちょっぴり強気設…
【仮条件|IPO新規上場】恵和(4251)【上限:770円:+0円:+0.0%】通常設定 上ブレせずっ!! 
【初値成立|IPO新規上場】アンビスホールディングス(7071)【4,260円:+1,460円:+52.14%】高…
【抽選結果|IPO新規上場】ワシントンホテル(4691) ・・・公開価格は、1,310円(仮条件上限)に…
【抽選結果|IPO新規上場】浜木綿(7682) ・・・公開価格は、2,120円(仮条件上限)に決定っ!! 
【仮条件|IPO新規上場】BASE(4477)【上限:1,300円:▲330円:▲20.24%】超弱気設定 下ブレっ…
【立会外分売結果】トーホー (8142)【終値:1,668円:+71円:+4.44%】楽天・SBI・松井・マネッ…
【初値成立|IPO新規上場】HENNGE(4475)【2,001円:+601円:+42.92%】高値:2,079円、安値:1,…
【初値成立|IPO新規上場】AI CROSS(4476)【1,800円:+710円:+65.13%】高値:2,200円S高、安…
Top◆2015年 IPO(新規公開株) >シーアールイー(3458) 詳細(需給・VC・財務)追加!!【目論見書の個人的な感想】 IPO(新規株式公開)
2015年04月01日

シーアールイー(3458) 詳細(需給・VC・財務)追加!!【目論見書の個人的な感想】 IPO(新規株式公開)



シーアールイー(3458):東証2部:不動産業:主幹事(SMBC日興証券)

※物流施設を中心とした事業用不動産の総合サービス(想定価格:3,620円)
上場日 BB期間 公開株数 吸収金額(OA含) OR 仮条件 公開価格 初値 騰落率
4/21 4/6-4/10 1,676,500株 約60.68億円 29.53% 3,450円〜3,620円 3,620円 ---円 --%

公募株数 1,457,900株 3458cre-zentai.png
公募株引受証券 SMBC日興証券
野村證券
三菱UFJMS証券証券
みずほ証券
極東証券
SMBCフレンド証券
SBI証券
マネックス証券
売出株数 0株
売出株引受証券 ---
オーバーアロットメント 218,600株
OA引受証券 SMBC日興証券

ベンチャーキャピタル(VC)の状況

VC関連の存在数
合計所有割合 0.42%
(計24,100株) 
今回の売出における放出株数 0株
VC保有の残株数 24,100株

ロックアップの状況

※売却
期間 180日間
平成27年10月17日まで
解除条件 無し
想定解除株価 -,---円
対象者 貸株人である京橋興産株式会社、並びに当社株主である公共建物株式会社、ケネディクス株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行及びEEIクリーンテック投資事業有限責任組合


※発行等
期間 180日間
平成27年10月17日まで

親引け

無し

需給状況

オファリングレシオ(OA含む)は、29.53%。
適正とされる 20%±5% の範囲を上回るか。

東証2部:不動産業 において、2001年以降 ORが27%〜33%だったのは、4社。2勝2敗 勝率:0.500。

公開株数は、約167.65万株。東証2部としては、やや平均を下回る規模か。
ただし、やはり需給による下値不安は残るか。

ベンチャーキャピタルは1つ。
少数株であり、180日のロックアップがかかる。

配当

未定

株主優待

記載なし

業績実績

3458-cre-uriage.png

※最新年度は、会社予想含む
事業年度 売上高 前年比(%) 経常利益 前年比(%) 純利益 前年比(%) 純利益(EPS) 予想PER
平成25年7月期 159億4,600万円 6億4,100万円 3億8,300万円 79.56円 45.50
平成26年7月期 220億8,900万円 +38.5 23億5,300万円 +266.7 13億2,300万円 +245.6 322.80円 11.21
平成27年7月期 249億7,800万円 +13.1 19億1,900万円 ▲18.4 11億2,000万円 ▲15.3 244.42円 14.81

財務指標

※7期については、平成27年1月までの数字。
財務指標 5期 6期 7期
ROA 2.42% 7.59% 6.03%
ROE 38.05% 54.00% 28.83%
売上高利益率 2.40% 5.99% 8.85%
粗利 15.12% 20.14% 20.50%
当座比率 26.79% 62.01% 103.07%
自己資本比率 6.37% 14.05% 20.92%
有利子負債月商比率 3.79 3.15 2.57
安全余裕率 34.90% 57.02% 61.92%

債務状況

※平成27年1月期
債務内容 金額
社債残高 8億9,300万円
短期借入金 9億7,000万円
長期借入金 33億7,400万円
リース債務 -万円
債務残高合計 52億3,700万円

現金及び預金は、58億2,700万円を保有。
売掛金を含めた流動資産は、106億8,300万円。


債務的には、問題ないか。

販管費・売上原価

販売管理費 5期 6期 前期比(%)
15億6,900万円 19億1,200万円 +21.8

給与手当が、4,600万円増、貸倒引当金繰入額が、4,800万円増 によるか。

売上原価 5期 6期 前期比(%)
135億3,500万円 176億3,900万円 +30.3%

売上原価は、不動産販売原価が、45億2,000万円増 によるか。

会社概要

物流施設を中心とした事業用不動産の総合サービス(不動産賃貸、管理、仲介、開発、有効活用、建設、アセットマネジメント)を実施。

☆不動産管理事業:マスターリース業務では、物流施設を中心に一括借上げ運営・管理を実施。プロパティマネジメント業務では、物流施設や商業施設の賃貸管理を受託し、テナント誘致、賃貸借契約代行、トラブル対処等のテナント窓口業務並びに建物や設備の点検代行、管理予算案の設定、建物長期修営繕計画の策定、工事管理業務を実施。建設業務では、土地所有者へ物流施設を建設しマスターリースによる賃貸事業を提案し工事受注し、すでに運営・管理しているマスターリース物件及び管理業務を受託している物件の所有者及びテナントから修営繕、改造及び原状回復等の工事を請負う。

☆物流投資事業:物流に特化した施設開発に関して、マーケットリサーチ、用地情報入手、プランニング、用地取得、建設工事発注、テナント誘致から売却まで一貫して実施。

☆アセットマネジメント事業:物件の開発、投資情報の収集、マーケット分析、投資家の募集、レンダー選定等のファンド組成、運用期間中の運営・管理及びファンド償還までの体制を整備。

3458cre-1.png

※平成26年7月期(第6期)
事業内容 売上高 構成比(%) セグメント利益
不動産管理 154億1,100万円 69.8 13億6,400万円
物流投資 66億7,800万円 30.2 16億9,700万円
アセットマネジメント -万円 - -万円

3458cre-2.png


本社所在地 東京都港区虎ノ門二丁目10番1号
従業員数 141人
臨時従業員数:-人
連結会社従業員数:149人
連結会社臨時従業員数:-人
平均年間給与 614万円

主な課題とリスク

2010年5月6日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、2010年6月7日に東証ジャスダックを上場廃止になったコマーシャル・アールイー(8866)から、マスターリース事業と賃貸管理事業を譲り受けて不動産管理事業を開始。

不動産管理事業において、不動産所有者へ一定期間一定額の賃料を支払う契約で土地・建物等(主に首都圏(主に神奈川、千葉、埼玉、東京))を借り上げ、貸主として当該土地・建物等をテナントに賃貸する「マスターリース」を実施。

高度経済成長期とバブル期に集中して建設された物流施設が2010年代後半から寿命を迎えると同時に、物流の合理化・効率化による各企業の物流拠点の統廃合・集約化の流れは間違いないところか。物流施設の建替需要を確実に取り込んで事業を拡大したいところか。


主な取引先

・合同会社京橋インベストメント1(平成26年7月期:66億1,400万円:29.0%)
・住友商事株式会社
・公共建物株式会社
・公共投資顧問株式会社
・住商リアルティ・マネジメント株式会社
・株式会社天幸物流
・株式会社ライダーズ・サポート・カンパニー
・有限会社相模原リサイクルセンター
・株式会社紘進
・スギホールディングス株式会社
・株式会社PFU
・株式会社弥谷
・鈴与建設株式会社
・埼玉県越谷県税事務所
・八潮市役所
・株式会社近藤組
・株式会社オノコム
・株式会社大真



新規公開で得た資金の使途

全額を物流投資事業において開発する
物流施設への建設費用等の一部に充当
(平成27年7月期:4億4,300万円)
(平成28年7月期:42億5,200万円)
(平成29年7月期:9億円)





投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。


更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!

当選したラッキーさんはにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へコチラで確認できます!
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by Lucky cat at 09:06





| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆2015年 IPO(新規公開株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック