◆新着記事一覧◆
【引受株数|IPO新規上場】ダブルエー(7683) みずほ証券 82.80万株 約92%占有 
【仮条件|IPO新規上場】ダブルエー(7683)【上限:4,690円:+0円:+0.0%】通常設定 上ブレせず…
【引受株数|IPO新規上場】恵和(4251) 大和証券 188.40万株 約95%占有 
【仮条件|IPO新規上場】ジェイック(7073)【上限:4,750円:+140円:+3.03%】ちょっぴり強気設…
【仮条件|IPO新規上場】恵和(4251)【上限:770円:+0円:+0.0%】通常設定 上ブレせずっ!! 
【初値成立|IPO新規上場】アンビスホールディングス(7071)【4,260円:+1,460円:+52.14%】高…
【抽選結果|IPO新規上場】ワシントンホテル(4691) ・・・公開価格は、1,310円(仮条件上限)に…
【抽選結果|IPO新規上場】浜木綿(7682) ・・・公開価格は、2,120円(仮条件上限)に決定っ!! 
【仮条件|IPO新規上場】BASE(4477)【上限:1,300円:▲330円:▲20.24%】超弱気設定 下ブレっ…
【立会外分売結果】トーホー (8142)【終値:1,668円:+71円:+4.44%】楽天・SBI・松井・マネッ…
【初値成立|IPO新規上場】HENNGE(4475)【2,001円:+601円:+42.92%】高値:2,079円、安値:1,…
【初値成立|IPO新規上場】AI CROSS(4476)【1,800円:+710円:+65.13%】高値:2,200円S高、安…
【気配運用|アンビスホールディングス(7071)】営業利益率・PER・成長率から初値とセカンダリ…
【引受株数|IPO新規上場】セルソース(4880) みずほ証券 42.72万株 約89%占有 
【気配運用|HENNGE(4475)】営業利益率・PER・成長率から初値とセカンダリを予想
【気配運用|AI CROSS(4476)】営業利益率・PER・成長率から初値とセカンダリを予想
【仮条件|IPO新規上場】セルソース(4880)【上限:2,280円:+50円:+2.24%】ちょっぴり強気設…
【引受株数|IPO新規上場】インティメート・マージャー(7072) みずほ証券 23.4万株 約90%占…
【EPS・PER・営業利益率|IPO新規上場】ダブルエー(7683) EPS:292.68円 予想PER:16.02倍 …
【仮条件|IPO新規上場】インティメート・マージャー(7072)【上限:1,900円:▲420円:▲18.10…
Top◆2015年 IPO(新規公開株) >ナガオカ(6239) 詳細(需給・VC・財務)追加!!【目論見書の個人的な感想】 IPO(新規株式公開)
2015年06月10日

ナガオカ(6239) 詳細(需給・VC・財務)追加!!【目論見書の個人的な感想】 IPO(新規株式公開)



ナガオカ(6239):東証JQS:機械:主幹事(SMBC日興証券)

※石油精製・石油化学プラント用の内部装置、水処理装置の製造販売等 (想定価格:1,520円)
上場日 BB期間 公開株数 吸収金額(OA含) OR 仮条件 公開価格 初値 騰落率
6/29 6/12-6/18 450,000株 約7.2億円 21.94% 1,440円〜1,600円 6/19決定 ---円 --%

公募株数 300,000株 6239nagaoka-zentai.png
公募株引受証券 SMBC日興証券
野村證券
みずほ証券
岡三証券
岩井コスモ証券
東洋証券
エース証券
売出株数 100,000株
売出株引受証券 SMBC日興証券
オーバーアロットメント 50,000株
OA引受証券 SMBC日興証券

ベンチャーキャピタル(VC)の状況

VC関連の存在数
合計所有割合 30.02%
(計615,800株) 
今回の売出における放出株数 0株
VC保有の残株数 615,800株

ロックアップの状況

※売却
期間 90日間
平成27年9月26日まで
解除条件 発行価格又は売出価格の1.5倍以上
想定解除株価 2,280円
対象者 JAIC-中小企業グローバル支援投資事業有限責任組合、ネオステラ1号投資事業有限責任組合、新生企業投資株式会社、りそなキャピタル2号投資事業組合、NIFSMBC-V2006S3投資事業有限責任組合、みずほキャピタル第3号投資事業有限責任組合、MSIVC2008V投資事業有限責任組合、がんばれ中小企業・活き活き育成投資事業有限責任組合および池銀キャピタルニュービジネスファンド3号投資事業有限責任組合

期間 180日間
平成27年12月25日まで
解除条件 発行価格又は売出価格の1.5倍以上
想定解除株価 2,280円
対象者 東京センチュリーリース株式会社

期間 平成27年12月25日まで
解除条件 -
想定解除株価 -,---円
対象者 貸株人かつ売出人である株式会社ハマダ、当社株主かつ当社役員かつストック・オプション保有者である三村等、黒田俊明、石田知孝および片岡史明、当社株主である日立造船株式会社、ダイセン・メンブレン・システムズ株式会社、東拓工業株式會社、株式会社南都銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行、信光産業株式会社、岩谷産業株式会社、株式会社三井住友銀行、大和熔材株式会社、株式会社総合水研究所、三井住友海上火災保険株式会社、ナガオカ社員持株会および向井清和、当社株主かつ当社従業員かつストック・オプション保有者である岡本克彦、当社役員かつストック・オプション保有者である今尾清孝および山田克彦ならびに当社従業員かつストック・オプション保有者である磯江有史、中島登、金澤善、里美隆、小野和久、蔡恵良、清水保雄、高山関雪、中村統一、豊原康則、樋口広徳、田中誠一郎および高橋和裕


※発行等
期間 180日間
平成27年12月25日まで

親引け

従業員持株会・・・20,000株を上限として要請予定。


需給状況

オファリングレシオ(OA含む)は、21.94%。
適正とされる 20%±5% の範囲内か。

東証JQS:機械 において、2001年以降 ORが19%〜25%超だったのは、9社。9勝0敗 勝率:1.000。

公開株数は、約45万株。東証JQS:機械としては、平均を下回る規模か。
需給による下値不安は、あまり無いか。

ベンチャーキャピタルは、9つ。
全てロックアップの対象となるものの、ロックアップの解除条件が存在。
初値が高騰した場合は、売り崩しに見舞われる可能性は残るか。


配当

未定

株主優待

記載なし

業績実績

6239-nagaoka-uriage.png


事業年度 売上高 前年比(%) 経常利益 前年比(%) 純利益 前年比(%) 純利益(EPS) 予想PER
平成25年6月期 48億2,000万円 3億2,900万円 1億8,600万円 129.74円 11.71
平成26年6月期 63億5,700万円 +31.8 2億4,300万円 ▲26.1 1億5,200万円 ▲18.2 103.54円 14.68
平成27年6月期 58億1,200万円 ▲8.5 3億7,900万円 +55.9 2億1,100万円 +38.8 131.42円 11.56

財務指標

※11期については、平成27年3月までの数字。
財務指標 9期 10期 11期
ROA 2.95% 2.33% 0.98%
ROE 9.26% 7.04% 2.63%
売上高利益率 3.86% 2.41% 2.19%
粗利 27.13% 26.07% 30.03%
当座比率 107.46% 117.54% 103.79%
自己資本比率 31.85% 33.09% 37.39%
有利子負債月商比率 5.51 6.01 8.63
安全余裕率 26.01% 14.17% -.--%

債務状況

※平成27年3月期
債務内容 金額
社債残高 6億6,000万円
短期借入金 13億2,700万円
長期借入金 11億7,300万円
リース債務 -万円
債務残高合計 20億3,300万円

現金及び預金は、18億1,400万円を保有。
売掛金を含めた流動資産は、47億5,100万円。


債務的には、やや苦しい状況か。

販管費・売上原価

販売管理費 9期 10期 前期比(%)
9億6,700万円 14億2,200万円 +47.0

役員報酬が、3,200万円増、給与及び手当が、9,400万円増 によるか。

売上原価 9期 10期 前期比(%)
37億3,300万円 -万円 -.-

売上原価は、 10期:詳細未記載。

会社概要

エネルギー関連事業(スクリーン・インターナルの製造・販売)、取水関連事業(取水用スクリーン等の製造・販売)およびその他事業(水処理装置等の製造・販売)が主な事業。

☆エネルギー関連事業: スクリーン・インターナルの製造・販売を実施。スクリーン・インターナルは、石油精製および石油化学等のプラントの心臓部である『触媒反応、吸着、抽出、分離』等の生成工程(プロセス)に使用されており、そのプロセスを構成する中核機器の1つ。貝塚工場および中国製造子会社である那賀日造設備(大連)有限公司を製造拠点として、世界各地のプラント現場に製品を納入し、これまで65カ国での納入実績あり。

☆取水関連事業:取水用スクリーンおよび建築・土木分野の建設向け排水用スクリーンの製造・販売を実施。貝塚工場および中国製造子会社である那賀(瀋陽)水務設備製造有限公司を製造拠点として、主に国内市場向けに製品を納入。

☆その他事業:超高速無薬注生物処理装置「CHEMILES」等の設計・製造・施工・販売・メンテナンスを実施。貝塚工場を製造拠点として、世界各地の上水場等の建設・改修市場に製品を納めており、これまでに世界で47箇所の納入実績あり。

6239nagaoka-1.png

※平成26年6月期(第10期)
事業内容 売上高 構成比(%) セグメント利益
エネルギー関連事業 50億6,500万円 79.7 4億300万円
取水関連事業/TD> 7億5,500万円 11.9 2,000万円
その他事業 5億3,600万円 8.4 ▲1億8,900万円

6239nagaoka-2.png


本社所在地 大阪府泉大津市なぎさ町6番1号
従業員数 156人
臨時従業員数:4人
連結会社従業員数:232人
連結会社臨時従業員数:5人
平均年間給与 537万円

主な課題とリスク

石油精製および石油化学プラントで使用されるスクリーンを使った内部装置「スクリーン・インターナル」の製造・販売を行うエネルギー関連事業および取水用スクリーン等の製造・販売を行う取水関連事業を安定的な収益を確保できる事業として位置付け。

エネルギー関連事業では中国や中東など、また、取水関連事業ではアジアなどの海外市場で需要拡大および更なるシェア拡大の機会が見込まれるため、積極的に経営資源を投入し、事業を展開していきたいところか。

また、その他事業では、薬品を使用しないで地下水処理をするケミレスは成長製品として位置付けており、国内の地方自治体浄水場への納入拡大や特定の事業に特化したパッケージ商品(ケミレスPLUS)の事業展開を強化するとともに、潜在ニーズの大きい海外市場への事業展開を図りたいところか。

主な取引先


・ユニオン貿易株式会社(平成26年6月期:29億9,300万円:47.1%)
・UOP LLC (平成26年6月期:4億5,400万円:7.1%)



新規公開で得た資金の使途

過去に実施した中国子会社設立等に係る投資を目的とした金融機関からの
借入金の返済
3億円
(平成28年6月期:3億円)
成長事業と位置付けているその他事業の製品(ケミレスおよびハイシス)拡販活動に伴う実証実験等の研究開発費用 残額
(平成28年6月期:1億円)
(平成29年6月期:残額)





投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。


更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!

当選したラッキーさんはにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へコチラで確認できます!
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by Lucky cat at 15:09





| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆2015年 IPO(新規公開株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック