◆新着記事一覧◆
【初値成立|IPO新規上場】浜木綿(7682)【2,950円:+830円:+39.15%】高値:3,400円、安値:2,…
【初値成立|IPO新規上場】ワシントンホテル(4691)【1,462円:+152円:+11.60%】高値:1,705円…
【抽選結果|IPO新規上場】BASE(4477)・・・公開価格は、1,300円(仮条件上限)に決定っ!! 
【気配運用|浜木綿(7682)】営業利益率・PER・成長率から初値とセカンダリを予想
【気配運用|ワシントンホテル(4691)】営業利益率・PER・成長率から初値とセカンダリを予想
【抽選結果|IPO新規上場】セルソース(4880)) ・・・公開価格は、2,280円(仮条件上限)に決定っ…
【抽選結果|IPO新規上場】インティメート・マージャー(7072) ・・・公開価格は、1,900円(仮条…
【公募割れ確率|IPO新規上場】BASE(4477) OR:48.5%、吸収金額:45.5% 需給では高確率で公…
【引受株数|IPO新規上場】ダブルエー(7683) みずほ証券 82.80万株 約92%占有 
【仮条件|IPO新規上場】ダブルエー(7683)【上限:4,690円:+0円:+0.0%】通常設定 上ブレせず…
【引受株数|IPO新規上場】恵和(4251) 大和証券 188.40万株 約95%占有 
【仮条件|IPO新規上場】ジェイック(7073)【上限:4,750円:+140円:+3.03%】ちょっぴり強気設…
【仮条件|IPO新規上場】恵和(4251)【上限:770円:+0円:+0.0%】通常設定 上ブレせずっ!! 
【初値成立|IPO新規上場】アンビスホールディングス(7071)【4,260円:+1,460円:+52.14%】高…
【抽選結果|IPO新規上場】ワシントンホテル(4691) ・・・公開価格は、1,310円(仮条件上限)に…
【抽選結果|IPO新規上場】浜木綿(7682) ・・・公開価格は、2,120円(仮条件上限)に決定っ!! 
【仮条件|IPO新規上場】BASE(4477)【上限:1,300円:▲330円:▲20.24%】超弱気設定 下ブレっ…
【立会外分売結果】トーホー (8142)【終値:1,668円:+71円:+4.44%】楽天・SBI・松井・マネッ…
【初値成立|IPO新規上場】HENNGE(4475)【2,001円:+601円:+42.92%】高値:2,079円、安値:1,…
【初値成立|IPO新規上場】AI CROSS(4476)【1,800円:+710円:+65.13%】高値:2,200円S高、安…
Top◆2015年 IPO(新規公開株) >ラクトジャパン(3139) 詳細(需給・VC・財務)追加!!【目論見書の個人的な感想】 IPO(新規株式公開)
2015年08月09日

ラクトジャパン(3139) 詳細(需給・VC・財務)追加!!【目論見書の個人的な感想】 IPO(新規株式公開)



ラクト・ジャパン(3139):東証2部:卸売業:主幹事(野村證券)

※乳原料・チーズ、食肉加工品等の輸入を主とする卸売等 (想定価格:1,300円)
上場日 BB期間 公開株数 吸収金額(OA含) OR 仮条件 公開価格 初値 騰落率
8/28 8/12-8/18 1,580,100株 約20.54億円 33.64% 8/10決定 8/19決定 ---円 --%

公募株数 780,000株 公募株式の引受株数は、8/10(月)に決定予定
公募株引受証券 野村證券
三菱UFJMS証券
みずほ証券
SMBC日興証券
エース證券
丸三証券
SMBCフレンド証券
SBI証券
売出株数 594,000株
売出株引受証券 野村證券
オーバーアロットメント 206,100株
OA引受証券 野村證券

ベンチャーキャピタル(VC)の状況

VC関連の存在数
合計所有割合 1.23%
(計58,000株) 
今回の売出における放出株数 0株
VC保有の残株数 58,000株

ロックアップの状況

※売却
期間 90日間
平成27年11月25日まで
解除条件 -
想定解除株価 -,--円
対象者 売出人であり貸株人である八住繁、売出人である武勇、石井純、佐久間信男、飯塚昌幸、師崎良介、三浦元久および鎌倉喜一郎ならびに当社株主である渡瀬孝浩、阿部孝史、小島新、前川昌之、佐藤正樹、山渕玲子、松永和久、尾形裕、川口博史、木幡智徳、鋤納康治、分銅健二、阿部公昭および神田貴透


期間 90日間
平成27年11月25日まで
解除条件 発行価格の1.5倍以上
想定解除株価 1,950円
対象者 株式会社明治、森永乳業株式会社、よつ葉乳業株式会社および和光堂株式会社


※発行等
期間 180日間
平成28年2月23日まで

親引け

・従業員持株会・・・25,000株を上限として要請予定。

需給状況

オファリングレシオ(OA含む)は、33.64%。
適正とされる 20%±5% の範囲を上回るか。

東証2部:卸売業 において、2001年以降 ORが31〜37%超だったのは、3社。2勝1敗 勝率:0.666。

公開株数は、約158.01万株。東証2部:卸売業 としては、平均をやや下回る規模か。
想定吸収金額は、20.54億円。東証2部:卸売業 としては、平均をやや上回る規模か。

需給による下値不安は、残るか。ORも高いため初値後の上昇余地も限られるか。

ベンチャーキャピタルは、2つ。
いずれもロックアップの対象外か。


配当

30.00円を予定。

株主優待

記載なし。

業績実績

3139lactojapan-uriage.png


事業年度 売上高 前年比(%) 経常利益 前年比(%) 純利益 前年比(%) 純利益(EPS) 予想PER
平成25年11月期 759億4,200万円 16億6,900万円 10億700万円 261.49円 4.97
平成26年11月期 965億4,900万円 +27.1 16億5,300万円 ▲1.0 9億8,800万円 ▲1.9 255.57円 5.08
平成27年11月期 932億5,700万円 ▲3.4 11億7,400万円 ▲29.0 6億8,200万円 ▲31.0 164.25円 7.91

財務指標

※18期については、平成27年5月までの数字。
財務指標 16期 17期 18期
ROA 3.25% 2.32% 0.83%
ROE 14.13% 10.82% 4.27%
売上高利益率 1.33% 1.02% 0.78%
粗利 4.29% 4.41% 2.60%
当座比率 88.96% 78.25% 79.88%
自己資本比率 22.99% 21.48% 19.40%
有利子負債月商比率 2.48 2.83 3.33
安全余裕率 21.48% 35.96% -.--%

債務状況

※平成27年5月期
債務内容 金額
社債残高 14億3,000万円
短期借入金 117億2,200万円
長期借入金 135億8,900万円
リース債務 -万円
債務残高合計 267億4,100万円

現金及び預金は、42億5,500万円を保有。
売掛金を含めた流動資産は、431億5,400万円。


債務的には、やや多いものの問題ないか。

販管費・売上原価

販売管理費 16期 17期 前期比(%)
25億5,800万円 27億2,700万円 +6.6

給与手当及び賞与が、1億3,900万円増、配送配達費が、1,900万円減 によるか。

売上原価 16期 17期 前期比(%)
-万円 -万円 -.--%

売上原価は、記載無し。

会社概要

乳原料・チーズ、食肉加工品等の輸入を主とする卸売および海外子会社によるチーズの製造・販売を行う食品事業を展開。

☆乳原料・チーズ部門・・・大手企業グループに属さない独立系としての強みを活かし、仕入から販売に至るまで、系列を越えてあらゆる企業と取引を行うことができるという全方位性が特徴。

☆食肉加工品部門・・・海外から食肉加工品を仕入れ、主として日本国内におけるハムソーセージメーカーをはじめとする食品メーカーに対して販売。

☆アジア事業部門・・・海外から仕入れた原料を、各子会社のある国およびその周辺国の日系および現地食品メーカー等に販売したり(乳原料販売事業)、シンガポール、タイ、インドネシアにおいては、製造事業として一次加工を施したチーズ製品を販売。


3139lactojapan-1.png

※平成26年11月期(第17期)
事業内容 売上高 構成比(%) セグメント利益
乳原料・チーズ 639億7,800万円 66.3 -万円
食肉加工 156億7,200万円 16.2 -万円
アジア・その他 168億9,800万円 17.5 -万円

3139lactojapan-2.png

本社所在地 東京都中央区日本橋本町四丁目8番15号
従業員数 85人
臨時従業員数:1人
連結会社従業員数:201人
連結会社臨時従業員数:1人
平均年間給与 1,020万円

主な課題とリスク

平成9年12月に経営破綻した 株式会社東食(8034):1998/3/19上場廃止 の経営幹部が乳原料の専門商社として設立。

売上の地域別構成は、日本:796億9,200万円(82.5%)、アジア:168億2,400万円(17.4%)

日本国内の食品メーカー向けの原料の販売に加え、今後需要増が見込まれる高齢者向け食品原料の開発、さらには経済発展が進むアジア諸国(中国、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシア等)に対するチーズや高級日本食材の販売に積極的に取り組みたいところか。

TPP交渉の進展に伴い、乳原料、チーズさらに食肉加工品などに関する日本における関税が引き下げられた場合には、海外からの輸入数量は飛躍的に増加する可能性があるものの、これに伴い競争の激化が想定されることから、今までに増してサプライソースの確立・強化のために海外拠点の充実を図るとともに、外国間取引の強化(主にアジア諸国向け)を図りたいところか。

主な取引先

・米久株式会社(平成26年11月期:売上高 101億7,000万円 10.5%)


新規公開で得た資金の使途

連結子会社であるLACTO ASIA PTE LTD.および FOODTECH PRODUCTS (THAILAND) CO.,LTD.ならびに持分法適用関連会社であるPT.PACIFIC LACTO JAYAにおけるプロセスチーズおよび加工食品の製造・加工設備等の新設、または更新のための設備投資資金 6億4,000万円
(平成27年11月期:2億6,500万円)
(平成28年11月期:1億7,500万円)
(平成29年11月期:2億円)
連結子会社であるLACTO ASIA(M) SDN BHD.における事務所・倉庫の更新のための設備投資資金 2億円
(平成29年11月期:2億万円)
連結子会社である叻克透商貿(上海)有限公司における運転資金 1億円
(平成27年11月期:1億円)





投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。


更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!

当選したラッキーさんはにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へコチラで確認できます!
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by Lucky cat at 16:17





| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆2015年 IPO(新規公開株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック