◆新着記事一覧◆
【引受株数|IPO新規上場】ダブルエー(7683) みずほ証券 82.80万株 約92%占有 
【仮条件|IPO新規上場】ダブルエー(7683)【上限:4,690円:+0円:+0.0%】通常設定 上ブレせず…
【引受株数|IPO新規上場】恵和(4251) 大和証券 188.40万株 約95%占有 
【仮条件|IPO新規上場】ジェイック(7073)【上限:4,750円:+140円:+3.03%】ちょっぴり強気設…
【仮条件|IPO新規上場】恵和(4251)【上限:770円:+0円:+0.0%】通常設定 上ブレせずっ!! 
【初値成立|IPO新規上場】アンビスホールディングス(7071)【4,260円:+1,460円:+52.14%】高…
【抽選結果|IPO新規上場】ワシントンホテル(4691) ・・・公開価格は、1,310円(仮条件上限)に…
【抽選結果|IPO新規上場】浜木綿(7682) ・・・公開価格は、2,120円(仮条件上限)に決定っ!! 
【仮条件|IPO新規上場】BASE(4477)【上限:1,300円:▲330円:▲20.24%】超弱気設定 下ブレっ…
【立会外分売結果】トーホー (8142)【終値:1,668円:+71円:+4.44%】楽天・SBI・松井・マネッ…
【初値成立|IPO新規上場】HENNGE(4475)【2,001円:+601円:+42.92%】高値:2,079円、安値:1,…
【初値成立|IPO新規上場】AI CROSS(4476)【1,800円:+710円:+65.13%】高値:2,200円S高、安…
【気配運用|アンビスホールディングス(7071)】営業利益率・PER・成長率から初値とセカンダリ…
【引受株数|IPO新規上場】セルソース(4880) みずほ証券 42.72万株 約89%占有 
【気配運用|HENNGE(4475)】営業利益率・PER・成長率から初値とセカンダリを予想
【気配運用|AI CROSS(4476)】営業利益率・PER・成長率から初値とセカンダリを予想
【仮条件|IPO新規上場】セルソース(4880)【上限:2,280円:+50円:+2.24%】ちょっぴり強気設…
【引受株数|IPO新規上場】インティメート・マージャー(7072) みずほ証券 23.4万株 約90%占…
【EPS・PER・営業利益率|IPO新規上場】ダブルエー(7683) EPS:292.68円 予想PER:16.02倍 …
【仮条件|IPO新規上場】インティメート・マージャー(7072)【上限:1,900円:▲420円:▲18.10…
Top◆新規公開株とは >新規公開株を手に入れるには? 目論見書に目を通そう まとめサイトを活用すると便利
2015年08月24日

新規公開株を手に入れるには? 目論見書に目を通そう まとめサイトを活用すると便利



証券取引所に、新規上場の情報が掲載された当日もしくは翌日には、目論見書が入手できます。

主幹事を含む元引受取引参加者となっている証券会社のHPには、新規公開株の専用ページがあります。
リンクを辿ることで新規上場する会社が発行した目論見書を読むことが出来ます。



目論見書には、投資家の投資判断の基準となる情報が詳しく掲載されています。

まず、証券情報として、
・新規発行株式の発行数
・募集の方法、募集の条件
 ⇒ブックビルディング方式(機関投資家の意見を元に仮条件を設定。その範囲内で需要を募って公開価格を決定すること)
・株式の引受け
 ⇒株を引き受けて投資家に販売する証券会社を掲載。ブックビルディングの申込み先となります。
 ⇒各証券会社ごとの引受数は、仮条件決定時に決まります。
 ⇒まれに、主幹事が独占する場合もあります。

・売出株式(引受人の買取引受による売出し)
 ⇒既に発行済みの株式のうち、証券会社を通じて売り出す株式数ですが、通常は主幹事が独占します。
  ただ、売出し株式数が膨大な場合は、主幹事以外も引き受けて売り出す場合があります。

・新規発行による手取金の使途
 ⇒新規上場して得た資金の使いみちです。
  上場時株価の目安となる想定価格も掲載されています。

・売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)
 ⇒新規公開株に旺盛な需要が有った場合に、追加で売り出す株式数ですが、
  主幹事が株主から株式を借りて売り出します。通常は主幹事が独占します。

・ロックアップ
 ⇒大株主やベンチャーキャピタルなど新規上場前からの株主が、持株を売却できない期間のことです。
  90日間 若しくは 180日間 のいずれかとなる場合が多いです。
  ただし、ロックアップには解除条件がつくことがあります。
  上場後の株価が発行価格の1.5倍を超えたらロックアップ解除の場合が多いです。

この他にも、企業情報、事業の状況(リスク・課題等)、設備の状況、経理の状況(財務諸表)等が掲載されています。


投資判断にあたっては、目論見書の全てに目を通す必要がありますが、全部で150ページ以上はありますので、
要点を絞った読み方を心がけたいところです。その際には、当方のようなまとめサイトを活用すると便利かもしれません。

⇒ 新規公開株を手に入れるには? 証券会社でのブックビルディング(抽選)に参加しよう


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。



更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

当選したラッキーさんはにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へコチラで確認できます!
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



posted by Lucky cat at 11:12





| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆新規公開株とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック