◆新着記事一覧◆
【仮条件|IPO新規上場】ポピンズホールディングス(7358) 【上限:2,850円:+0円:+0.0%】通…
【仮条件|IPO新規上場】ヤプリ(4168) 【上限:3,160円:+200円:+6.76%】強気設定 上ブレっ!!
【立会外分売結果】SPK (7466) 【終値:1,290円:+79円:+6.52%】楽天・松井・SBIでの抽選…
【BB参加判断|IPO新規上場】プレイド(4165) 類似企業・営業利益率・成長率・PER・需給ほか
【BB参加判断|IPO新規上場】かっこ(4166) 類似企業・営業利益率・成長率・PER・需給ほか
【BB参加判断|IPO新規上場】リベルタ(4935) 類似企業・営業利益率・成長率・PER・需給ほか
【BB参加判断|IPO新規上場】オーケーエム(6229) 類似企業・営業利益率・成長率・PER・需給ほか
【仮条件|IPO新規上場】インバウンドテック(7031)【上限:5,700円:+0円:+0.0%】通常設定 上…
【仮条件|IPO新規上場】ココペリ(4167) 【上限:1,600円:+300円:+23.08%】超絶強気設定 上…
【仮条件|IPO新規上場】いつも(7694) 【上限:1,540円:+100円:+6.94%】強気設定 上ブレっ!!
【立会外分売結果】香陵住販 (3495) 【終値:1,533円:+49:+3.30%】楽天・松井・SBI・マネッ…
【BB参加判断|IPO新規上場】バルミューダ (6612) 類似企業・営業利益率・成長率・PER・需給…
【BB参加判断|IPO新規上場】スタメン(4019) 類似企業・営業利益率・成長率・PER・需給ほか
【BB参加判断|IPO新規上場】Fast Fitness Japan(7092) 類似企業・営業利益率・成長率・PER・…
【BB参加判断|IPO新規上場】ビーイングホールディングス(9145) 類似企業・営業利益率・成長…
【仮条件|IPO新規上場】プレイド(4165)【上限:1,600円:+200円:+14.29%】超強気設定 上ブレ…
【仮条件|IPO新規上場】かっこ(4166)【上限:2,020円:+130円:+6.88%】強気設定 上ブレっ!!
【仮条件|IPO新規上場】ローランド(7944)【上限:3,710円:+450円:+13.80%】超強気設定 上ブ…
【立会外分売結果】アミファ(7800) 【終値:693円:+2円:+0.28%】楽天・松井・SBIでの抽選結…
【初値成立|IPO新規上場】バリオセキュア(4494)【2,150円:▲100円:▲4.44%】 高値:2,244円…
Top⇒SBI証券ルール >【SBI証券抽選ルール】とIPO(新規公開株)統計資料2001〜2014
2015年01月15日

【SBI証券抽選ルール】とIPO(新規公開株)統計資料2001〜2014



※2001年〜2014年 の 引受株数、構成比、順位、IPO勝敗(主幹事銘柄)、勝率は、次のとおり。
2014ipo-sbi.png

※2014年のSBI証券のIPO(新規公開株)の取扱実績は次のとおり。
◆引受数合計 ⇒ 5,385,400株 ◆占有率(引受数/全引受数) ⇒ 1.14% ◆占有率順位 ⇒ 7位
◆IPO勝敗(主幹事銘柄の初値≧公募価格) ⇒ 5勝0敗 勝率 1.000
◆IPO参加率(IPO取扱銘柄数/全IPO銘柄数) ⇒ 64社/77社 参加率 0.831
◆2001年〜2014年までの通算成績 ⇒ 22勝0敗 勝率 1.000

SBI証券は、IPO(新規公開株)の引受株数で昨年から増加し、538万株超を取り扱う。
主幹事銘柄は、昨年から1つ減少。主幹事といえども20万〜50万株にとどまる引受がほとんどであり小粒感があるラインナップは変わらず。また幹事証券としても、大量引受はおこなわずアキュセラインク(4589)で156万株超をこなしたのが最高。ジャパンディスプレイ(6740)は不参加。日立マクセル(6810)は35万株超にとどまる。占有率は、昨年から半減し、1%台に低下。

主幹事銘柄は、5勝0敗。過去に負けなし。22連勝まで記録を伸ばす。
SBI証券が主幹事を務める銘柄は、公開株数が少ないため、需給が逼迫し初値不安が生じ難いものばかり。過去に負け無しの理由もこの1点に集約されるか。


占有率は過去14年間で、5位が1回。7位が5回。8位が1回。10位以下が7回。

2014年は、主幹事が1つ減少したものの、幹事証券としてのIPO参加率は8割を超え、全証券会社で1位。ただし、その引受数は極小であり、IPOに参加できても全く当選できないアンバランスな構造。せめてリクルートHD(6098)のような大量良品時に多数を引き受けてくれれば救いがあるのだが、思うようにはいかないか。


IPO(新規公開株)の主な抽選ルール(配分基本方針)は、次のとおり。

◎抽選の実施
インターネットを通じてブックビルディングの申込から配分結果の確認、購入の意思表示、約定までを完結できる全ての者を「個人」として実施。

抽選・配分日時の時点で「発行価格×有効申込株数」以上の買付余力があることが、抽選・配分の対象となる条件
⇒ 申込み時ではなく、抽選時に買付余力の確認がされるのがポイントか。

なお、同一日に新規上場株式の抽選が複数銘柄行われる場合の抽選順位は次のとおり。
(1)発行決議日順→(2)ブックビルディング開始日順→(3)上場日順→(4)銘柄コード順

よって、同日抽選の場合でも、ひとつひとつ順番に抽選が実施されるか。
申込み時に、やや資金に余裕(当選分を考慮)を持たせて申し込めば、トータルで買付余力を上回っても抽選の対象になりうるか。

◎当選数量
当選数量には上限あり。
なお、当選数量未満(200株当選時の100株だけ購入)の購入は出来ない。

◎抽選に付する数量
個人への配分予定数量の70%については、抽選により配分先を決定。
残りの30%については、IPOチャレンジポイントに基づく方法により配分先を決定。
⇒ 個人への配分予定数量の 100% がネット経由による配分か。

◎抽選方法
抽選対象となる需要申告の申込み単元毎に番号(乱数)を付し、その番号を対象に抽選を実施。
⇒ 買付余力の確認があれば、有効申込株数に応じて抽選される口数が増えることに。単元数を100株とすると、
100株申込み ⇒ 1口 が抽選対象。 1,000株申込み ⇒ 10口 が抽選対象。 となる。
つまり、資金力に比例して抽選対象口数を増加させることが可能。

なお、上記抽選に漏れた申込み分を対象に、申告したIPOチャレンジポイント数に応じて、指定IPOチャレンジポイント数の多い順に配分。指定IPO チャレンジポイント数が同一の場合は抽選により決定。

また、抽選方式によらない個人等へ配分は実施されないか。
ただし、個人以外(当社金融商品仲介業者の対面取引を含む)への配分や、機関投資家への配分では、抽選によらない配分を実施。
⇒ ネット証券のSBIといえども、引受株数のすべてが個人を対象にした抽選に付される訳でない。概ね半数程度とみこまれるが、実際のところは不明。

抽選によらない方法による配分は、原則として、年間の新規公開株の配分上限を8 回とした上で、連続した配分を実施しない。また、一人当たりの平均配分数量は、抽選による配分の一人当たりの平均配分数量の10 倍程度が目処。
⇒ ネットで100株と仮定すると、取引店経由では最高1,000株程度か。



投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。



役にたったと感じたら一押しお願いします!!

当選したラッキーさんはにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へコチラで確認できます!
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by Lucky cat at 10:43





| Comment(0) | TrackBack(0) | ⇒SBI証券ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック